2016-03-27

カテゴリー :
法律関係
生活

インドネシアの住所表記

インドネシアの住所について、紹介したいと思います。

 

例えば、インドネシア大学(Universitas Indonesia)に留学している学生の大半が住んでいるアパートの住所は、こんな感じになります。

 

Margonda Residence  部屋番号, RT. 001, RW.004, Jl. Margonda Raya, Kav.462, Pondok Cina, Beji, Depok, Jawa Barat 〒16424 Indonesia

 

上記住所を分解すると、以下のようになります。

①建物名:Margonda Residence と 部屋番号

②RT :001

③RW:004

④通りの名称:Jl. Margonda Raya

⑤Kav.:462

⑥Kelurahan: Pondok Cina

⑦Kecamatan: Beji

⑧Kota: Depok

⑨Provinsi: Jawa Barat

 

 

順番に説明していきたいと思います。

 

 

まず、地域組織として、②RT、③RW、⑤Kav.があります。

②RT(エルテー)は、Rukun Tetanggaの略で、「隣組」と訳されています。

③RW(エルウェー)は、Rukun Wargaの略で、いくつかのRTから構成される地域組織です。

 

地域差はありますが、近所の数十軒でRTを構成しています。

アパート(日本で言うマンション)の場合だと、各階でRTを構成し、アパート全体でRWを構成しているという感じです。

 

RT(隣組)内において、話合いなどの方法で、RTの長を決めます。RTの長は、各家庭から会費を集め、ゴミ収集者や警備員の給料を支払ったりしています。

 

ジャカルタやデポックの居住地区では、周囲に塀などを設け、出入口に警備員を配置しています。もちろん富裕層向けの居住地区です。

 

ちなみに、クラスメイトは、まず間違いなくこのタイプの居住地区に住んでいて、自家用車で通学するというのが一般的です。自分で運転して来たり、運転手が送迎していたりします。

 

電車などの公共交通機関を利用している者は、かなり珍しいと思います。

 

誤解がないように言っておくと、私が所属しているインドネシア大学法学部のインターナショナルクラスは、授業料がレギュラークラスの6倍で、大学内でも特に所得水準の高い家庭のご子息と言えます。

 

 

反対に、最近、私のアパートの前には、リヤカーに住んでいる家族がいます。

 

日本語が間違っているような表現ですが、確かにリヤカーに住んでいるのです。

 

夜に見かけると、小学校入学前くらいの子どもが、リヤカー(屋根なし)で寝ていて、両親が道端のブロックに座っています。彼らは、交代制で寝ているのでしょうか。

 

もちろん、リヤカーには屋根がないので、雨が降ってくると濡れます。特に、今は雨季なので大変だと思います。

ちょうど、近くに歩道橋があるので、雨が降ってくると、その下に避難するために、夜はアパートの前に停(泊)まっているのかもしれません。

 

ただ、先ほど確認したら、当該ブロック箇所に「座るな。」と張り紙がしてありました。住民から苦情が出たのか、警備員が注意したようです。

 

 

 

話を、RTとRWに戻します。

私は、アパートに住んでいることから、RT会費を払ったことはなく、日常的にRTやRWを意識することはありません。

それでも、KITAS(一時滞在許可証)取得後に、市役所で住所登録する際に、RT・RWの長から居住を示す書面をもらい(購入し)、住所登録の際に使用したように思います。

 

 

 

④「Jl.」は「Jalan」(通り)の略です。

インドネシアでは、住所に通りの名前が入ります。

 

⑤「Kav.」は、Kavlingの略で、 地所の区画という意味です。

 

なお、②RT、③RW、⑤Kav.は地域組織に当たります。

 

 

⑥Kelurahanは、行政単位として最下位のものを言います。

 

⑦kecamatanは、二級自治体たるKabupaten(県)やkota madya(市)を構成する行政単位を言います。

 

⑧Kotaは、市という意味です。

正確には、kota madyaとなるはずです。

 

インドネシアでは、二級自治体である県(kabupaten)と市(kota)は、同じレベルにあります。県の次に市がある日本とは、異なります。

 

 

⑨Provinsiは、一級自治体の「州」という意味です。

 

インドネシア大学のあるDepokは、Jawa Barata(西ジャワ州)に位置するので、ジャカルタ首都特別州とは異なる州です。

 

日本から手紙などを送る際には、上記住所表示が完全に記載されていなくても、ある程度大丈夫です。

実際、RTやRW等が抜けていても届いています。

 

ただ、EMS(国際スピード郵便)などの追跡番号がない普通郵便だと、途中でどこかに行ってしまう可能性があるので、注意が必要ですね。

 

 

弁護士 味村祐作

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

柔軟な思考と素早い対応で早期の紛争解決の為に全力を尽くします。また、インドネシア、タイをはじめとするアジアビジネスにも造詣を深めております。

西澤総合法律事務所メルマガ登録へ

西澤総合法律事務所ホームページへ

お問い合わせ

ページTOPへ